080-7733-5066

ブログ

2018/02/21(水)

ヘルニアと脊柱管狭窄症の違いとは?

カテゴリー:腰痛 ヘルニア, 腰痛 脊柱管狭窄症

 

ヘルニアと脊柱管狭窄症の違いとは?

ヘルニア 脊柱管狭窄症 腰痛 松山

 

こんにちわ😊

 

 

愛媛県松山市で

慢性腰痛専門の整体院を

させて頂いております

整体院あんかの楠です。

 

 

本日もブログを見ていただき、

 ありがとうございます。

 

 

本日のブログの内容は、

椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の

違いについてのお話をさせて頂きます。

 

 

まず、椎間板ヘルニアは若い人から

高齢者までたいへん多くの人が

悩まされている腰痛です。 

 

椎間板とは、

背骨と背骨の間に座布団のように

挟まっているでクッション作用

としての役割があります。

 

普段から習慣的に前かがみ姿勢を

とっていると、椎間板にストレスが

かかりやすく耐久性が落ちてきます。

 

そして、

だんだん持ちこたえることができなくなり、

椎間板がつぶれて外にはみ出してしまうのです。

 

はみ出した部分が神経に触れてしまうと、

しびれや痛みを引き起こすのです。

 

一方、

脊柱管狭窄症は、

50歳代頃から現れはじる腰痛です。

 

脊柱管とは、

神経が通っている管のことです。

 

椎間板が老化したり、腰椎が変形すると、

この脊柱管が狭くなってきます。

 

脊柱管が狭くなってくると、

中を通っている神経が圧迫され、

痛みが痺れを引き起こすのです。

 

詳細は動画で説明させていただきますので、

もし、気になる方がいましたら

ぜひ、ご覧ください(*^▽^*)

 

 

↓クリック↓

 

 

長年の慢性腰痛

 

 

坐骨神経痛

 

 

ヘルニア

 

 

ぎっくり腰

 

 

脊柱管狭窄症

 

 

すべり症

 

 

産後の腰痛

 

 

肩こりなどでお悩みの方・・・

 

 

 

 

諦めないで下さい!!

 

 

 

気になることがあれば下記のリンクから

 

 

メールでも電話でも構いませんので、

お気軽にご相談ください。

 

 

メールでのお問い合わせフォーム 

整体院専用電話:080-77335066

 

 

今すぐその腰痛を何とかしたいと思っているあなたへ

 

↓ こちらをクリック 

腰痛 松山

 

 

 

 

 

 

**************************************

楠哲郎 (Tetsuro Kusunoki)

「慢性腰痛」専門 整体院あんか

〒790-0031

愛媛県松山市雄郡1丁目9-29第一朝日ビリ503号

TEL:080-7733-5066

mailseitaiinanka@gmail.com

URLhttp://seitai-anka.com/

**************************************

 

 

 

8月25日(日)まで
予約多数のため1日1名様限定

ご予約は今すぐお電話で

080-7733-5066

【受付時間】9時~21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時~21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。