松山の整体なら「整体院あんか」

【肩こり解消】リュックサックの背負い方とは?

肩こりにならないリュク2-768x473
 

 

本日もブログを見ていただき、

 ありがとうございます。

 

 

 本日のブログの内容は、

【肩こり解消】させる

リュックサックの背負い方、

選び方についての内容です。

 

 

リュックサックは手に荷物を、

持たないので機動力が向上します。

その反面、デメリットもあります。

 

それは「肩こり」です。

 

人によっては、

リュックサックを使用すると

腰痛を引き起こすことも、

少なくありません。

 

リュックサックを使用した際に、

特に肩こりに悩むあなたは、

ぜひ、ご覧ください。

 

↓クリック↓

 

 

 

動画を見ていただきありがとうございます。

いかがだったでしょうか?

 

肩こりは、

肩甲骨周囲の筋肉が頑張りすぎて

硬くなり、姿勢が悪くなります。

 

それにより、血流不全に陥り、

痛み物質が蓄積します。

 

それが、痛みを頭で感知する

きっかけになります。

 

肩こり自体は、

重度化しなければ、

生活やお仕事に大きく支障がない

ケース多いと言えます。

 

しかし、慢性化すると、

だんだん痛みを感知しにくくなり、

ほったらかしにすることも

よくある話です。

 

このように、

ほったらかしにすると、

硬くなった筋肉がどんどん

増えていき、骨(頸骨)に

ストレスをかけることになります。

 

すると、

頭痛やめまい、吐き気などの症状が

現わられます。

 

重度化すると、吐き気から、

実際に嘔吐してしまうケースや、

肩から手にかけての痺れが出る方も、

おられます。

 

本当にバカにできないのが、

肩こりだと言えます。

 

肩こり解消には、

普段の日常生活の中で、

骨や筋肉に負担をかけないように

習慣にしていくことが、

大切だと言えます。

 

骨(頸骨、肩甲骨)が原因なのか、

神経、筋肉、精神面にも負担が、

蓄積している可能性があります。

 

肩こりよる不快感を解消させる

ためにも、原因を治療していく

必要があります。

 

原因を見つけ出し、

原因部位に治療を行い、

自分で行えるストレッチや、

マッサージなどのケアも

継続することが大切です。

 
 

松山の整体なら「整体院あんか」 PAGETOP