松山の整体なら「整体院あんか」

痛み止め薬の真実とは? 【松山 腰痛 ヘルニア 坐骨神経痛】

痛み止めクスの真実とは?-768x576

 

こんにちわ!(^^)!

 

 

松山市の腰痛専門

整体院あんか

院長の楠です。

 

 

今日も、腰痛やヘルニア、坐骨神経痛、

脊柱管狭窄症などでお悩みのあなたに

改善方法やアイディアをお届けしていこうと

思います。

 

 

当院に来られる患者様では、

痛みが出てから

まず、病院に行かれ、

痛み止め薬を処方された方は

非常に多いです。

 

 

 

痛みが強い場合は、

受診した医者からすすめられ

「何とか楽になりたい」

「早く治りたい」

気持ちからたどり着く

治療法だと思います。

 

 

でも痛み止め薬について、

どのくらいご存知ですか?

 

 

自分が受けるのであれば、

しっかりと知識を得る必要があります。

 

 

 

今回は、そんな痛み止め薬に

ついてお話をさせて頂きます。

 

 

 

 

 

↓画像をクリック↓

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

痛み止め薬だけでなく、

ブロック注射のような薬も含めて、

痛みを麻痺させているだけなので、

痛みの根本原因を解決することはできません。

 

 

しかし、

痛みによる2次的な痛みの増強など

負のスパイルから脱却する可能性は

あります。

 

 

正しく向き合い、

様々な手段を使い、

満足する結果を目指すことが

重要だと思います。

 

 

 

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛からくる

痛みやしびれなどの症状でお悩みの方

本当に多いですよね。

 

 

自分で症状の発症を予防できる

治療・療法を身に付けることで、

お身体と付き合っていけると思います。

 

 

医療機関での薬や手術、ブロック注射を

頼りにするのもいいですが、その前にできる

ことがたくさんあるんです!

 

 

鎮痛剤、ステロイドなどの薬物療法も、

患者さんによっては

「薬に頼るのは怖い・・・」

「副作用が辛い・・・」

とおっしゃる方が多いです。

 

 

事実、薬剤はお身体への負担が

大きいですし、できれば自分の

免疫機能で対処したいですよね。

 

 

痛みやしびれの原因になっている部分の

筋肉・関節・腰椎などに対して、

自分で効果のある調整を施し、

病気や障害を克服しましょう。

 

 

セルフケアを日常生活に組み込むことで

保存療法だけでなく、自分で改善できる

ようになってください。

 

 

もし、気になることがあれば

いつでも構いませんので、

ご連絡していただければと思います。

 

 

 

長年の慢性腰痛

 

 

坐骨神経痛

 

 

椎間板ヘルニア

 

 

ぎっくり腰

 

 

脊柱管狭窄症

 

 

腰椎すべり症

 

 

 腰椎分離症

 

 

産後の腰痛

 

 

肩こりなどでお悩みの方・・・

 

 

 

 
諦めないで下さい!!

松山の整体なら「整体院あんか」 PAGETOP